東京ソフトウェアは新聞組版システムや電子新聞の開発を行っております。

ホーム > 新聞ソリューション > 新聞dNET

新聞dNET

新聞dNET

新聞dNETってなに?

*
新聞dNETとは、当社の「新聞組版システム」で作成した紙面データをWEBに公開することができる新聞電子版構築システムです。これにより、簡単な作業を行うだけで紙面データを電子新聞データに変換し、インターネット上で新聞に関するさまざまなサービスを提供する新聞電子版サイトを運営できるようになります。
このページの先頭へ

新聞dNETのサイト機能

*

* 紙面と記事をレイアウト通りに表示できる「ビューワ機能」

新聞紙面の見た目をそのままに画面に表示できます。拡大・縮小やスクロールなども自由自在に行えます。
紙面ビューア
記事を切抜状態で表示できます。切抜記事はPDFによる印刷も行えますので、紙の新聞をカッターで切り抜いてスクラップするといった面倒な作業は必要なくなります。
切り抜き表示、印刷
*

* 過去新聞が簡単に探せる「バックナンバー機能」

新聞社様が登録したすべての過去新聞(バックナンバー)の新聞を読むことができます。
バックナンバーの探し方も、わかりやすく簡単です。
バックナンバー
*

* 記事は全文検索で。写真も検索できる「検索機能」

最新刊とバックナンバーのすべての記事を全文検索できる検索機能を搭載しています。 また、記事に使用された写真も検索することが可能です。
全文検索
*

* 記事に意見を書き込める「意見投稿機能」

記事は読めるだけでなく、その記事に対して意見を投稿することが可能です。
他のユーザーが投稿された意見も読むことができ、「賛同する」「賛同しない」の評価をすることができます。
この機能により、ユーザーは記事を読むだけでなく、意見を投稿するという情報発信者にもなります。これにより、SNS的なコミュニケーションがはかれ、サイトの活性化が期待できます。
また、注目を浴びている記事がリアルタイムで分かります。この情報は取材会議でも役立ちます。
意見投稿
*

* 連続して読める「連載機能」

連載物はまとめて読むことができます。
*

* お気に入りの記事を登録できる「クリップ機能」

クリップ機能とは、記事のブックマーク機能です。
いま見ている記事をクリップすることで、いつでも簡単に呼び出すことができます。
検索条件を登録しておくことで、検索結果を自動でクリップしてくれる「自動クリップ機能」もあります。
記事クリップ
*

* 新聞データの登録からユーザー管理まで、すべてを管理する「管理画面」

管理画面は、新聞社様の管理者のみが使用する新聞dNETを管理するための機能です。
電子新聞データの登録・修正、ユーザーデータの登録・修正など、新聞dNETに関わる全てのデータを管理します。
管理画面
*

* タブレット、スマートフォン対応

新聞dNETは、iPad・Androidタブレットおよび、iPhone・Androidスマートフォンにも対応いたします。
※タブレットおよびスマートフォン版の新聞dNETは、PC版とは仕様が異なります。
スマートフォン対応
このページの先頭へ

規模や業界に合ったシステム構築

*
導入事例 その1 お客様へのサービス向上を目指した活用用
「新聞を購読しているお客様は全員、新聞dNETを無料で利用できるようにしました」
配達に時間がかかる区域にお住まいのお客様でも、紙の新聞が配達される前にインターネットで新聞を読むことができるので、公平なサービスが可能となります。
また、新聞が配達できない状況になっても、インターネットがつながれば新聞を読むことができますので、災害時の緊急対策としても有効です。
さらにこの活用法は、
・新聞購読者の減少を抑える効果
・新聞の新規購読者の獲得
なども期待できます。
導入事例 その2 加入者を増やして利益向上を目指した活用法
「新聞を購読しているお客様にかぎり新聞dNETに入会できるようにしました。ただし、新聞dNETの会員様には新聞購読料とは別に利用料を徴収しています」
利用料を低額にすることで、新聞dNETを利用することへの割安感を出して加入者を増やし、利益向上を図っています。
新聞の新規購読者の獲得も期待できます。
導入事例 その3 新たなビジネス展開を目指した活用用
「新聞を購読していないお客様でも新聞dNETに入会できるようにしました。新聞dNETの利用は有料にしています」
この方法では利用料を高く設定せざるをえませんが、多くの加入者を獲得できれば大きな利益となります。 ただし、新聞の購読者が新聞dNETに乗り換えてしまう可能性もあり、新聞購読者が減少するリスクを伴うことがあります。

当社では、新聞dNETの活用方法も含めてご提案いたします。詳しくはお問い合わせください。
※新聞dNETは、利用料などの料金徴収機能は含まれておりません。予めご了承ください。
このページの先頭へ
お問い合わせ「東京ソフトウエア 03-3986-1771 平日(10:00~17:00)」
お問い合わせ「東京ソフトウエア 03-3986-1771 平日(10:00~17:00)」
ページの先頭へ
> 会社案内 > お問い合わせ > 採用情報
> 個人情報保護方針 Copyright(C) 2000-2017 東京ソフトウエア株式会社