東京ソフトウェアは新聞組版システムや電子新聞の開発を行っております。

ホーム > 新聞ソリューション > 請求入金管理システム

請求入金管理システム

請求入金管理システム
複雑な新聞の広告・購読請求管理。
東京ソフトウエアが開発した「請求入金管理システム」は、新聞社様の会計業務に特化し、簡単で便利な機能を備えております。
紙面の広告割付処理との連動した管理を考慮した設計をおこない、新聞業務に沿って開発された製品のため、請求、入金、帳票出力などこのシステム1つですべてが可能になります。

組版システム、広告割付管理と連携

*
市販の会計ソフトの場合、広告割付のシステムで入力した内容を、請求書発行の際にもう一度ソフトに入力するといった類似操作を繰り返す手間や、入力ミスがないかといった確認も余計に発生してしまいます。
当システムでは、広告申込~広告割付~新聞組版を連動させることにより、それらの重複する入力作業を全て切り落とすことができます。 また、一元管理することにより、登録もれや掲載もれといった様々なミスを事前に防ぐことが可能です。
このページの先頭へ

複雑な購読請求にも対応

*
購読者様へのご請求については、きめ細やかな対応を行うために、一部手作業で管理されている新聞社様も多いのではないでしょうか。東京ソフトウエアでは、基本的な購読請求以外にも様々なカスタマイズに柔軟にご対応致します。
このページの先頭へ

事務処理が煩雑な入金・請求業務を効率的に

*
処理が複雑になるほど人員が必要になり、新たに覚えるにも、引き継ぎするにも大変になってしまいます。 請求入金管理システムによって、請求・入金管理の一元化を実現。売上高の把握、得意先の管理など広告に関する入金と請求業務を効率的に行い、人員を効果的に配置できます。
また、支店のデータも一括管理することができ、決算期などに全社まとめての会計を行う時も簡単に資料を作成する機能が揃っています。
このページの先頭へ
ページの先頭へ
> 会社案内 > お問い合わせ > 採用情報
> 個人情報保護方針 Copyright(C) 2000-2017 東京ソフトウエア株式会社